地盤調査の種類や方法とは?知って費用を最小限に!

住宅の基礎

 
どーも!『らいおん』です。
 
マイホームを建てる際に絶対に必要になる地盤調査
 
しかし地盤調査って一体どんな作業をするのでしょうか?
 
そして、なぜ地盤調査は必要なのでしょうか?
 
今回は地盤調査について分かりやすく解説していきましょう。
 
 
スポンサーリンク

地盤調査はなぜ必要なのか?

地盤が弱い軟弱地盤の上に建物を建てると沈下が起こりますが、沈下は1度起き始めると食い止めるのは至難の業です。
 
建物は均一に沈下するのはまれで、ほとんどが不均一で沈下する『不同沈下』です。
 
この不同沈下は『ドアの歪み』『廊下の傾斜』『雨漏り』など様々な弊害をもたらします。
 
地盤が軟弱だとどうなるの?災害を抑える為に知っておきたいこと
無料でお見積りはコチラ どーも!『らいおん』です! 1995年に起きた阪神・淡路大震災... 日本中が悲しみに包まれた災害でした。 この阪神・淡路大震災で崩壊した住宅に多く見られたのが、欠陥住宅なんで...

そして最も怖いのは地震が起きた時に倒壊する危険性が高いということです。

このような被害を最小限に抑えるために、地盤調査は絶対に必要な調査になります。

 

らいおん
らいおん

建てたあとに地盤改良となると、かなりのお金がかかるので事前にしっかりとした地盤調査を!

 

スポンサーリンク

地盤調査の目的や基準とは?

 

地盤調査は何を調べるのかという目的と、どこまでの精度が必要なのか、そしてそれがコストに見合っているのかが明白でなければいけません。

住宅を建てる際の地盤調査の目的は、軟弱地盤が地中に隠れていないかを調査します。

軟弱地盤で不同沈下が起きると、最悪の場合、改良に数百万円もの費用がかかります。

現在の性能保証住宅標準仕様では、

(地盤調査等)
第4条 基礎の設計に先立ち、敷地及び敷地の周辺状況等について適切な現地調査を行った上で地盤調査を行うこととする。ただし、一戸建における2階建て以下の木造住宅は、「現地調査チェックシート(機構様式 検第25号)」に従って行った現地調査の結果、地盤調査が必要ないと認められる場合はこの限りでない。
2 地盤調査は、地盤の地耐力及び軟弱層の厚さが判断できる調査を行うこととし、この場合、原則として建築物の4隅付近を含め4点以上で計測を行うこととする。

住宅保証機構より引用

となっています。

地耐力とは地盤の『許容応力度(地盤支持率)』と『沈下特性』の2つを指します。

建築基準法の中では、許容応力度に対して基礎の種類を決定する基準も、しっかり定められています。

 

スポンサーリンク

地盤調査の種類と方法とは?

地盤調査の種類と方法には一体どんなものがあるのでしょうか?

ボーリング調査方法とは?

ボーリング調査とは、地盤のサンプルを採取して地層構成を明らかにする調査です。

ボーリング専門会社の調査によって地層の構成や地盤の特性を調べ、その結果によってマンションを支持する支持基盤を決定します。

敷地の広さや建物の規模にもよりますが、数箇所から数十箇所をボーリングします。

上の画像にある専用の掘削機で孔を掘り、土のサンプリング、標準貫入試験、地下水位測定などを行います。

ボーリング調査結果に応じて、本体を支える強固な地盤まで何メートル杭を打つのか、地下水の浮力の影響をどう処理するか、基本設計に必要不可欠なデータをとります。

 

らいおん
らいおん

ただしボーリング調査は費用が高く、1箇所で約20万円の費用がかかります。

 

表面波探査法とは?

表面波探査法とは、調査対象の地盤に探知機を2箇所刺し、発信機から出される地震波の伝わる速度で地盤の固さを計測します。

 

地盤に人がわずかに感じ取れる程度の小さな地震を起振機で人工的に発生させ、地面の中を伝わる表面波(レイリー波)の速さを2つの検出器が計測を行い、コンピューターにその計測値を収集して解析を行います。

 

礫やガラが混入している地盤でも、深度10mまで地耐力(地盤支持力+沈下量)が調査できます。
 
また、地盤を傷めない非破壊方式なので、地盤改良後の確認検査にも最適です。
 
2000年度国土交通省告示第1347号で、建物の基礎の選定には沈下量を考慮することが定められ、住宅建築の際の地盤調査は、地盤支持力だけでなく沈下量を含む地盤調査を行うことが、義務付けられました。
この表面波探査法では、地盤支持力と沈下量の両方を調査することができます。
 
らいおん
らいおん

表面波探査法では、段階的に地盤調査を判別することが可能で、不必要な地盤改良工事がなくなります。

そのためコストを抑えることが可能になります。

 

スウェーデン式サウンディング(SS)法とは?

スウェーデン式サウンディング法とはスクリューを地中に刺し、一定の深さまで到達する時間とスクリューの回転数で地盤の固さを調べる方法です。

スクリューを地中に貫入させ、土の抵抗を計り加重の度合いとスクリューの回転数から客観的に数値化し、地盤の軟弱度を判定します。

深さ10㍍まで計測が可能で、住宅の基礎地盤として最も重要な3㍍までの地盤調査に至っては、ボーリング調査よりも正確なデータが得られます。

 

らいおん
らいおん

一般住宅で最も多い地盤調査の方法です。

 

スポンサーリンク

自分で出来る地盤調査とは?

地盤調査は専門のプロに頼むのが1番ですが、何ヶ所も気になる土地がある場合など、1つ1つ専門会社に頼んでいては費用が多くかかってしまいます。

しかし、素人でも典型的な軟弱地盤であれば見分ける事が可能です。

さて、どんな方法があるのでしょうか?

鉄の棒を使用して素掘りする

まずは長さ1m以上で直径1cm以上の鉄の棒を用意します。

基礎などで組まれる鉄筋のイボイボが付いてないやつ(マルキン)が使いやすいです。

鉄の棒を両手で地面に刺して体重をかけると、軟弱地盤の場合スーッと入っていきます。

また、鉄の棒の先に何か異物が当たった場合は瓦礫が混ざっている盛土の可能性があります。

 

らいおん
らいおん

1箇所では分からないので、敷地内の何ヶ所かで行っ下さい。

 

スコップ、シャベルを使用感して素掘りする

地域によって『シャベル』『スコップ』と言い方に違いがありますが、大きい方です(笑)

敷地内の四隅を掘ってみて、簡単に掘れるようであれば軟弱地盤の可能性があります。

 

らいおん
らいおん

固い地盤であればスコップは全く刺さりません。

 

水はけを見て判断する

50cm~70cm程に穴を掘り、そこにバケツで水を入れます。

水が直ぐに浸透してしまうようなら軟弱地盤の可能性がかります。

水が浸透しやすい地盤は不同沈下が起きやすい地盤です。

 

らいおん
らいおん

以上が自分で出来る地盤調査の主な方法です。

 

スポンサーリンク

地盤調査の種類や方法まとめ

地盤調査は自分でもある程度知っておくことで、余計な費用を抑えることが可能です。

本記事のまとめ

・専門会社の地盤調査には主に3つの方法がある

・3つの方法で費用が変わり、トータルコストでは表面波探査法が1番安い

・一般住宅ではスウェーデン式サウンディング法が主に使われる

・軟弱地盤なら自分でも調べる事が出来る

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

住宅の基礎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LION RADIO

コメント